ぽてばす!

無能


@PotemkinBuster からのツイート

東南!板挟み生徒会!~体操着編~ 仮

という頭が悪い話を途中まで書いた。
またフルボッコにされる……。



「諸君! 我々は今こそ立ちあがらなければならない!」
気持ちのよい秋晴れの下、我が校の生徒らは思い思いに登校していた。
俺もそのうちの一人、暖陽高校二年、大原宏樹だ。
さて、校庭の柵沿いに歩いていると見えてくるのは校門……のはずだったが、その校門前で男がダンボール大の台に立って演説しているようだ。
「……ので、今こそ我々は立ち上がり、この悪しき風習を取り払わなければならないのだ!」
なにか大それたことを言っているのは、俺の幼馴染であり、同じクラスでもある鈴川総二郎のようである。
大柄でスポーツ刈りで一見するとスポーツマン風情だが中身は変人変態の濃縮還元120%ジュースみたいなやつだ。
奴は大げさに身振り手振りを加えながら何かを喋っているが、そのたびにメガホンが口から外れるので、まだ若干遠くに居る俺には時々何を言っているのか聞こえない。
どうせ大したことは喋っていないだろうとは思うが、いち親友というか、いち保護者というか、いち防波堤としては、発言の内容によっては台から引き摺り降ろし、教室まで引っ張って行くのが俺の役割だろう。
「よー! 宏樹! おっはあああ!」
こちらに気づいた総二郎がメガホン片手にこちらに手を振る。こちらに視線が集まる。何やらひそひそ言われているような気もする。恥ずかしいのでやめて頂きたい。空気を読んで下さい。
「なんだ、早朝から応援演説にでも駆け付けてくれたのか!」
「内容も知らずに朝から駆け付けるかよ」
そういえば一つ忘れていたことがある。この総二郎という奴はこの暖陽高校の南生徒会会長であった。
そして、もう一つの生徒会である東生徒会と競い合って学校の校則を決めるという珍しい校風が我が暖陽高校にはある。
この南と東なのはわけがあって、我が校舎はL字型に折れ曲がっており、その両端、校舎の南側と東側に生徒会室を構えていることに由来する。
こいつはたしか男子の表を集めて当選した男子代表みたいなものだったはずだ。
ちなみに女子からは一桁票しか入らなかったとの話だ。哀れ。
「で、何の校則を制定しようとしてるんだ?」
「よくぞ聞いてくれた同志よ!」
まだ聞いてないのに勝手に同志扱いされた。
「これからまた演説するからここで聴いていてくれ」
そういうとメガホンを片手にまた登校中の生徒らに向かって演説を始めた。
「今こそ我々はこの悪しき風習から脱却し! 体操着にブルマを復活させなければならないっっ!」
は? いまなんつった?
「ブルマこそが体操着の中の体操着! その洗練された至高の体操着ブルマこそ我が校の体操着に相応しい!」
大真面目に、この大馬鹿は言いのけた。
ブルマ? 復活? 至高?
状況が飲み込めない。と、後ろからドタドタと男子生徒が走ってきた。
「ぬ、抜け駆けとは卑怯だぞ! 鈴川!」
息を切らしてやってきたのは同じクラスの東条大和。黒縁の丸眼鏡がずり落ちている。品行方正、成績優秀、運動音痴、と綺麗に三拍子揃った優等生である。男にしてはやや長めの髪がワックスで纏められている。能力や生活態度に問題はなし、やや細身で長身、総二郎とは逆に女子からの票をかっさらって東生徒会会長になったのがこの男である。
「ふっふっふ……遅かったな東条! もうそろそろ電話してやろうかと思ったぞ!」
「嘘つけ! もうHRが始まるだろ!」
「政治戦略は常に騙し騙されよ!」
「適当なことを言うな!」
何やら言い争っているが何がなんだかわからない……。話を聞けそうになかったので、言い争う二人を置いて先に教室に向かうことにする。

その日は休み時間ごとに二人で言い争っていて、まともに会話できなかった。
「大原君、ちょっといいかい?」
東条が話しかけてきたのはその日の放課後だった。そこから俺と東条は東生徒会室に向かった。生徒会室には他に誰も居ないようだ。
「で、何のようだ?」
こいつとは高校一年からの付き合いだ。席が近くなったときに仲良くなって以来、時々総二郎を交えて遊んでいた仲だ。今もクラスが一緒なのでわりと良く遊ぶ。
「鈴川が動き出したのはもう知っているね?」
彼の目は真剣そのものだった。
「ブルマを……復活……とかだったような……」
にわかには信じがたい、信じたくない話なので、言葉がつまってしまう。胸が熱くなる。
「ぁあ、鈴川は何もわかっていない……」
彼の眼鏡の光の反射が鋭さを増す。俺は唾を飲むしかできなかった。
「ブルマなど、前時代的にも程がある……そう、思わないか……?」
こちらの意見を仰いでいるようだが、俺は首を縦にも横にも振ることができなかった。脂汗だけが静かに首から胸に流れ落ちる。
「これからの体操服はブルマではなくスパッツこそが王道にして至高。そう、思わないか?」
まじめだった。総二郎とはほぼ対極に位置する彼の瞳は真剣そのものだった。故にその発言レベルが総二郎と同程度ということに気づくのに数秒のタイムラグが生じたのは無理もないだろう。
「あ、阿保か!」
何を真面目な顔をしてブルマだのスパッツだの。馬鹿馬鹿しいにも程がある。
「では、君はブルマ派なんだね?」
「違う! あんなのと一緒にするな! 俺は……俺は……」
俺は……。
俺は『ジャージ派』なんだ。
だが、こいつらのように欲望のままに声高らかにフェチニスト宣言をしては同類。
「うるさい!! 俺はお前らとは違うんだよ!」
東生徒会室に魂の叫びが木霊した。俺は生徒会室の扉を乱暴に開き、そして走り去った。

「ということであの馬鹿の総二郎と阿保の東条を止めようと思う」
「あたしもどっちにも反対だし、手は組んであげるけど……」
次の日、放課後の教室での相談相手に選んだのは同じクラスで総二郎と俺の幼馴染である横澤加奈子。髪を両サイドの中腹で縛っており、スレンダーで身長は平均よりちょっと低いぐらいである。彼女は吊り気味の目を細くして続けた。
「でも、どうやって止めるの? 東南生徒会に対抗できる手段なんてあった?」
「中央生徒会を立ち上げる」
「……そういえばそんなのあったわね……」
中央生徒会とは、東南生徒会が暴走したときに有志によって作ることができる生徒会である。ただし、中央生徒会からは校則を作ることはできない。抑止のためだけに設立していいことになっている。一応システムとしては最初からあったらしいが、今までまとも機能したことがあったのかは微妙。言ってしまえばザルシステムだったようだが、今回はこのシステムに頼らせてもらう。現行の制度では女子が体育時に着用する衣服はジャージとなっている。つまり、ジャージ派の俺としては現状維持さえできればいい。俺がジャージ派ということはもちろん加奈子には秘密……のつもり。
「ここで有志を募って二人を妨害する。あいつらは男子票は獲得できるだろうけど、男子の票は取り合いになるし、女子票は消去法でしか集められないだろう。そこで俺たちが浮遊した女子票を集められれば、約五割の票を確保できる」
「なるほどぉ! どっちにも入れたくない女の子の票を横取りしちゃうって寸法ね!」
うまくいけば東南生徒会は男子票の取り合いになって自滅する。もし偏ったとしても、こちらが女子票の大多数を抑えられればこちらを超えることは敵わないはず。
「ということで、女子への手回しはよろしく頼むよ」
「任せなさい! で、宏樹はどうするの?」
「俺は明日から校門前演説でもしてみるよ。少しでも票を増やしておきたいし……」
「オッケー。じゃああたしも応援に行くわね。宏樹だけじゃあの二人に押されちゃいそうだし」
「ん……あ、ありがとう。助かるよ」
正直、一人で人前に立って喋る自信はないし、確かにあの二人相手だと俺一人じゃ追い出されそうだ。二人とも遠慮ってものを知らないからな……。その点、加奈が居れば安心だ。
「ぶっちゃけ頼りないし」
「……ご足労オカケシマス」
そんなこんなで適当に明日以降の打ち合わせをした後、解散した。

次の日、登校する生徒もまばらな薄ら寒い秋の朝の中、俺は中央生徒会の横断幕を掲げ、たすきをかけ、校門前に立っていた。
さぶっ……。まだ秋とはいえ朝は冷える。

ということで俺は帰った。
スパッツ(笑)

加奈子「どうしてこうなった……」

END

ノシ
ブログパーツ
  1. 2009/10/07(水) 03:12:38|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東南!板挟み生徒会! ~体操着編~ | ホーム | 朝は寝る時間>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://potemkinbuster.blog64.fc2.com/tb.php/1418-8ad1f373
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コンテンツ~

ポチョ攻略は過去の産物…。
このブログについて~
ポチョムキン攻略~(更新停滞中)
掲示板(過疎地)

最近のコメント

最近の記事

プロフィール

PB

Author:PB

絵の保管庫のピクシブ↓
pixiv


ブログ内検索

・身内リンク

無題~混沌の絵の具~(ラノベなど本紹介)by々々

お庭とおしゃべり!byガーデン

変ポケモン育成日記~へんぽけ~byびぃびぃ

ごちゃごちゃリンク

あい☆ブロbyコーリンさん

絵(師)系リンク

萌える絵のかきかた教えてくれ ぷちまとめ
●めいぷるりいふ●
hitokaku
天使の翼
絵師リンク
PictBearで描く!

カテゴリー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のトラックバック

プチ月別アーカイブ

バロメーター

RSSリンクの表示

フリーエリア

rannku

ブログランキング